脱毛サロンの利用中に避けること

###Site Name###

脱毛サロンの利用中に避けることとして、毛抜きを使った自己処理が挙げられます。
光を照射して毛根に吸収させて熱を持たせる光脱毛と毛穴に針を入れて電気を流すニードル脱毛がありますが、どちらも毛がなければ効果がない、または施術を行えないものなので、毛抜きで毛根ごと引き抜いてしまうと脱毛できなくなります。



脱毛期間中でも自己処理することは問題ないですが、電気シェーバーを使うのが適しています。
カミソリでも毛根を残して処理できますが皮膚を削ってしまうので肌荒れになることがあり、状態が酷いと光を照射した際のダメージで悪化する懸念があるので脱毛サロンで断られることがあります。


電気シェーバーの場合も神経質になって何度も処理すると皮膚を傷めてしまうので注意しましょう。



光脱毛を行う場合には紫外線対策して日焼けもしないようにします。

脱毛サロンでは皮膚の奥に届きやすい波長の光を使用していますが、皮膚でも吸収されるのでメラニン色素が多くなっていると火傷の危険性が高くなります。少しであれば受けられることもありますが、黒くなりすぎていると断られます。

脱毛サロンを掛け持ちで利用する人もいますが、短期間に同じ部位の施術を受けないようにします。



脱毛サロンでは間隔を空けて予約を取るようになっていますが、これは毛周期に合わせるだけでなく皮膚のダメージを抑えるためでもあります。


短期間に行っても効果的ではなく、火傷などのトラブルが起きやすくなります。